【洋室】モノトーンの壁紙で作る空間

当ブログでは、壁紙選びにお役立ていただけるように、いくつかの提案事例を紹介しています。
今回は、以前紹介した壁紙の色違いの提案事例をご紹介します。
壁紙の選び方に迷ったときや新しいアイデアを求めている方に、参考にしていただければ幸いです。

色違いのコーディネート

以前、当ブログで、フランスの伝統デザインであるトワルドジュイ柄の壁紙を用いたコーディネートを紹介しました。
今回は、色違い壁紙でのコーディネート例をご紹介します。

FE76790/FINE(サンゲツ)
コーディネートイメージ
【洋室】クラシカルな壁紙でつくるエレガントな空間

壁紙を変えたいけど、どのように選べばいいのかわからない、という声をいただきます。当社では、建具や床の色、カーテン、既存の家具などから総合的にご検討いただくこと…

仕様

部屋の仕様は、前回と同じです。

【住宅】マンション 
【場所】洋室(北側)
【部屋の広さ】5.5畳
【床の色】ブラウン系
【建具の色】ホワイト

レイアウトを考える

モノが多いと、部屋は雑然とした印象になります。

お気に入りの壁紙を引き立てるために、生活動線を考慮して、家具の配置を考えます。

家具の開閉に問題は生じないか、動線に沿っているか、設置する家具とモノの量は適正か、などを事前に確認します。

イメージボードを作る

同デザイン色違いのモノトーンカラーの壁紙に、既存のフローリングや建具の色を加えて、カラーパレット(配色)を作ります。
ベージュから茶、白から黒それぞれのグラデーションを用いて、まとめました。

FE76791/FINE(サンゲツ)
コーディネートイメージ

提案詳細

ベース壁紙(漆喰調の白)

ベースの壁紙を既存の建具と同系色の白にすることで、空間がまとまります。
白い壁には、空間を明るく、広く感じさせる効果があります。
漆喰調の壁紙は、家具やフローリングなどとの相性が良いので、根強い人気です。
また、コテ跡のバリエーション、キズに強く、汚れにくいなどの機能性のついたタイプなど様々な種類があり、どのメーカーからも発売されています。

アクセント壁紙

品番 FE76791( FINE/サンゲツ)

繊細で淡いタッチで描かれたデザインは、エレガントでクラッシックな雰囲気です。また、モノトーンカラーは、モダンでシンプルなイメージを演出することができるため、ライフスタイルの変化に合わせたアレンジが楽しめそうです。

同じデザインの壁紙でも、部屋を構成する要素(エレメント)や色彩の組み合わせで異なる印象を楽しむことができる一例ですね。

FE76791/カタログより抜粋
施工イメージ/カタログより抜粋
FE76791/FINE(サンゲツ)

カーテン (ENGLISH DESIGN AGENCY/サンゲツ)

BF4696
HAMPSHIRE GARDENS/PENNINGTON
(ハンプシャーガーデン/ペニントン)

サンゲツの「ENGLISH AGENCY(イングリッシュエージェンシー)」より、フローリングのブラウンと相性の良い、落ち着いたイエローをセレクトしました。

商品名のHAMPSHIRE GARDENS/PENNINGTON(ハンプシャー ガーデン/ペニントン)は、イングランド南部に位置する、イギリス屈指の美しいガーデンを有する穏やかなエリアであるハンプシャーに由来します。イエローが空間のアクセントとなり、コットン混の風合いが、豊かな自然を演出しています。

(BF4956/サンゲツ)
カタログより抜粋

ENGLISH DESIGN AGENCY/サンゲツ

イギリスに拠点を構えるSanderson Design Groupの所有する貴重なデザインアーカイブをもとに、日本の空間に取り入れやすいデザインを厳選し、こだわりのクオリティで仕上げた壁紙・カーテン・椅子生地のコレクションです。
1冊で海外風のエレガントやモダンなインテリアが作れてしまうカタログです。
当社でも取り扱っていますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

家具

壁紙が、モダン、エレガント、クラッシック、シンプルの雰囲気を演出できるので、家具は、取り入れたい要素で選ぶことができます。
今回は、収納を考慮し、デスクやベッドに機能性を持たせたいので、機能性デザインの多いモダンデザインをセレクトしています。

モダンデザインは、直線や曲線を用いたシンプルなデザインが多いので、ライフスタイルの変化に順応しやすいです。

カラーは、ナチュラルにまとめるなら、グレー、白、ライトベージュ、重厚感を持たせたい場合は、ブラックもおすすめです。

おすすめの観葉植物

観葉植物をおくと、空間全体がよりナチュラルで心地よい雰囲気になります。
おすすめは、マイナスイオンを放出する植物としても有名なサンスベリアです。

サンスベリアは、お手入れが簡単で、直線的なラインがモダンで洗練された雰囲気を作り出します。

別名をトラノオ(虎の尾)というだけに、今回の壁紙との相性も良さそうですね。

サンスベリア

まとめ - 色の印象

今回は、同デザインで色違いの壁紙のコーディネートを紹介しました。
比べてみると、印象の違いをおわかりいただけると思います。

モノトーン(白黒やグレースケール)は、他の色との組み合わせもしやすく、汎用性があるため、どんな空間にも容易に調和させることができます。

おまけ

今回、事例を作っていて気がついたのですが、「虎柄に黄色」は野球ファンの方にも喜んでいただけるコーディネートかもしれませんね。

部屋を構成する色の配色に、好きなアイドルやキャラクター、趣味に関連する要素を取り入れるだけで、個性的で楽しい空間を作り上げることができます。
「推しカツ」を楽しむインテリアコーディネートは、壁紙選びが楽しくなりそうですね。

提案から工事までサポートします!

事例豊富なショールームで、見て、触って、決める

ショールームには、国内、海外の豊富な事例を展示しています。
壁紙の質感、部屋の明るさを、見て、触れて、直接確認することができます。

インテリアコーディネーターのアドバイスのほか、工事担当に直接質問できるので、こだわりのお部屋づくりをイメージしやすくなります。

ご来店は、事前予約制となります。